雲散霧消

モバマスやグラブル、その他漫画やアニメ、音楽など趣味について備忘録的な意味も込めて書いていきます。

【音楽】クリスマスソング

12月25日です。メリークリスマス。

クリスマスソングといえばド定番の名曲がいくつもあるジャンルです。ベルやオルガンを多用した明るいポップスが多いですね。椅子を買った思い出を語る失恋ソングは僕も大好きですが、あんな暗い曲をクリスマスソングの代表として挙げるのは若干どうなんだと個人的には思います。

というわけで、今回は定番ではないものの、素晴らしい邦ロックのクリスマスソングを5曲挙げていきます。

 

●惑星基地ベオウルフ / GOING STEADY

youtu.be

青春パンクらしい真っ直ぐな歌詞の曲。

この曲に限らず、青春パンクのようなストロングスタイルのロックはたまに無性に聞きたくなります。

 

●angel song -イヴの鐘- / the brilliant green

angel song -イヴの鐘-

angel song -イヴの鐘-

川瀬智子のどこか気だるげな歌声と泣くようなギターソロが印象的な1曲。

ラスサビでボーカルと呼応するように鳴るギターが感動的です。後のシングル「Enemy」にはこの曲のアコースティックバージョンが収録されているのですが、そちらでもコーラスでこの音が入っていてアコースティックながら壮大なラスサビの印象を失うことのない素晴らしいアレンジになっています。

 

●My Greatest Treasure / BIG MAMA

My Greatest Treasure

My Greatest Treasure

イントロのギターがまずカッコいい。コミカルな物語調の歌詞と相まって、クリスマスソング特有の明るい世界に引き込まれる曲です。ハッピーメリークリスマス!という感じ。

あまり詳しくない身で言うのも難ですが、ちょっとハズした曲が多いBIG MAMAらしくはない正統派ポップソングだと思います。この曲と似たような曲があれば教えて下さい。

 

●Merry / Dirty old men

Merry

Merry

 前曲につづいて物語調の歌詞の邦ロックから。ただこちらはハッピーというよりは雪の降る夜道を歩きながら聞きたい曲です。

曲全体を通して流れる綺麗なアルペジオが良いんです。穏やかなメロディーをしっかりと支えながら、曲の盛り上がりをしっかりと演出しています。

 

●CHRISTMAS TIME FOREVER / サザンオールスターズ

サザンのクリスマスソングと言えばクリスマス・ラブ (涙のあとには白い雪が降る)や、桑田佳祐ソロの白い恋人たちが有名ですが、しっとりとしたこちらもまた良いです。

この曲のコンセプトなんかはWikipediaに書いてあるのでそちらに任せます。

こういう曲に対して言うことでもないですが、サビには個人的には物足りなさを感じてしまう一方でイントロからAメロまでの流れが最高なんです。

 

というわけで、今回は邦ロック畑のクリスマスソングを5曲紹介しました。

一口にクリスマスソングと言ってもその曲調は様々で、クリスマスのあり方は色々あると実感させられますね。