読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雲散霧消

モバマスやグラブル、その他漫画やアニメ、音楽など趣味について備忘録的な意味も込めて書いていきます。

【音楽】2017冬アニメ曲で気になったもの

久々のモバマス以外の記事。去年の夏と秋は死んだ。

●キミの花 / 奥華子 (セイレン OP)

youtu.beいわゆる奥華子っぽい曲よりBPMが1.5倍ぐらい速く、軽快なエイトビートまで刻んでいる楽曲。

僕自身が"ガーネット"や"変わらないもの"ぐらいしか聞いたことがなかったのもあって驚いたのですが、こういう明るい曲調も奥華子さんの透明感のある声とすごく合っていて、青春時代の恋愛の爽やかさが出ている良い曲ですね。

淡い色使いのOP映像との相乗効果で、まるでセイレンがまっとうな高校生の恋愛物語であるかのような錯覚を覚えます。このOPから主人公が女の子の股間にあるチャックを下ろす本編を想像出来る人いないでしょ…

●キミと夜空とフォーチュンと / 宮前透(CV:下地紫野) (セイレン第8話 ED)

キミと夜空とフォーチュンと

キミと夜空とフォーチュンと

 "ムテキの女神"同様、シンセサウンド中心のバラードだがこちらはより明るく壮大な楽曲。

公式サイトでチャートを公開するぐらいギャルゲー的な思考で作られているアニメだし、最終話の曲は各ルートのエンディング曲を意識していると考えていいでしょう。なんなら僕はこの曲を聞いてる時は脳内でスタッフロールを流してる。

"ムテキの女神"から"キミと夜空とフォーチュンと"への移行がまんま宮前先輩ルートなんですよね。独りで誰も邪魔出来ない強さを手に入れようとしていた先輩が、主人公が離れていってしまう寂しさを予感して一度だけ手を繋ぎたいと願ったところまでが"ムテキの女神"。手を繋いだあと、恋心を自覚していく過程が"キミと夜空とフォーチュンと"。

まあ、本編でそのあたりをちゃんと描いていたかというと個人的には微妙…

常木編でも思ったけど、このアニメはマニアックパートやコメディパートに時間をかけすぎていて恋愛部分が駆け足になっている気がするので、やっぱりゲームでやりたいです。

●恋のセオリー / 桃野今日子(CV:木村珠莉) (セイレン第9~11話 ED)

恋のセオリー

恋のセオリー

 またセイレンです。個別ED曲がある分曲数も多いし、まあ多少はね?

こちらはミドルテンポでブラスやオルゴールの音が特徴的なポップナンバー。上で最終話のED曲はルートのED曲と書きましたが、こちらの通常ED曲はキャラソンの側面が強いのかなと。ヒロイン3人の性格に合わせて異なる曲調の3曲がありましたしね。

あどけない少女らしい、日常の場面を切り取った歌詞も可愛い。曲調もですが、歌詞も可愛さ全振りです。ドキドキの数だけ女の子は可愛くなるらしいぞ!でも「嬉し恥ずかしファンファーレ」はちょっとおっさん臭さが出てると思う。

あとこの曲はぜひフルで聞いて欲しいです。やたらとエモい音でギターソロしてたり、ラスサビのメロディー合わせで鳴ってたりでめちゃくちゃ面白いんですよ。

ちなみにこの曲のサビが"波乗りジョニー"に似てるのは、かの有名な「キミキス pure rouge」のED曲"願い星"のサビがミスチルの"抱きしめたい"とまんま同じだったことのリスペクトでしょう。公式のリスペクトを見よう、今こそ「キミキス pure rouge」を許す時が来たんじゃないかな!(適当)

●春待ちクローバー / 花坂結衣(CV:M・A・O) (one room第1~4話 ED)

youtu.be主観モノアニメone roomの1人目のヒロイン花坂結衣のED曲。

キャッチーでノれるサビが心地良い、爽やかなポップスです。5分アニメなのでEDではサビしか流れないんですけど、そこだけで引き込む魅力のある曲ですね。

言葉選びのセンスも好き。「溜め息ほどの切なさ」と「深呼吸ほどの愛しさ」はラスサビでの盛り上がりもあって頭に残るフレーズになってます。

青空のラプソディ / fhána (小林さんちのメイドラゴン OP)

youtu.be「ソウルでディスコなfhána史上最も楽しくストイック」な曲という触れ込みどおり、底抜けにハッピーでしっちゃかめっちゃかなアッパーチューン。

インタビュー記事によると様々なジャンルのエッセンスを詰めこんでいるようで、それがこのしっちゃかめっちゃかなイメージを生み出しているみたいです。そんな曲の中でちょっと切なさを感じさせるCメロがまたカッコいいんですよ!

ガヴリールドロップキック / ガヴリール(CV:富田美憂)、ヴィーネ(CV:大西沙織)、サターニャ(CV:大空直美)、ラフィエル(CV:花澤香菜) (ガヴリールドロップアウト OP)

youtu.be安心安定のヒャダインブランド電波ソングで全ての説明がつく。

サターニャに歌わせなかったり、2番ではラフィエルに歌詞を忘れさせたりとまたやりたい放題な曲になっています。こういう曲をつくる発想のセンスはずば抜けていると改めて感じます。

 

今期は上に挙げたアニメの他、亜人ちゃんは語りたい政宗くんのリベンジこの素晴らしい世界に祝福を!を見てます。こんなにアニメを見てるのも最近では久々かもしれません。面白いアニメ多いよね今期。